「イヌ絵日記」で書ききれなかったお話など...........(byみいしゃ)


by salukis
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:みいしゃの井戸端( 10 )




昼の記事、
我が家のNV350キャラバンワイドボディ(ディ−ゼルエンジン)
突然エンジンが止まりました、、、

実は10日ほど前(7月29日)
お山に遊びに行って、さて帰ろうとエンジンまわしたら
おーまいがーっと!エンジンがかかりません
セルは勢いよく回れども全くエンジンかからず

ダンナ販売店に電話
担当営業さん代車をレッカーに載せて駆けつけてくれました

その後コンピューターで不具合のログを追いかけて「ここか?」という怪しい所の部品交換しましょうとなったわけですが

なんか腑に落ちないなー?
新車なのになんで?と今日じっくりネットをググってみたら

なんと!6月28日にリコール出てるじゃん、販売店の人全く気がついてなかった
リコールの詳細ここをポチットね

リコールわかってたら、修理出せたのに
リコールだったら仕方ないなあですんだのに
(リコールは。はっきりした原因が分かったという事だもの)

夏休みに間に合う訳ないじゃん
そういうわけで夏休みは代車で旅行決定っぽ


夜、追記リコール部分が壊れたと思ってたら
エンジンかからないのは、そことは違うそう、がっくし
[PR]
by salukis | 2013-08-05 16:37 | みいしゃの井戸端

寝台特急北斗星

個展も土日を残すだけ
私は寝台特急北斗星に両親と乗っていた(祖母のお葬式へ行く所)

その日の北斗星
実は青森で大雪のため2時間半の停車
結局トータルで4時間半の遅れに

レールの切り替えが雪に埋まったとか

私たち親子は夜のお通夜に間に合えば良いので
電車旅大好き親子は「同じ料金で4時間も北斗星に乗れる!お得!!」

青森で足止めを食ったおかげで通常なら真っ暗闇な時間なのに
トンネルに入る前に夜も空けて青森の雪のすごさを目の当たり

北海道はどうなんだろ?
あんがい海辺はたいした雪じゃなかった

食堂車で朝ご飯食べながら晴天ばっちりな大沼公園を眺め

海岸線を列車は走る
森駅を過ぎてすぐ凍った河口に白鳥がいっぱいいた

ん?と視線を木の上に移すと
なんと!なんと!オジロワシ見ちゃった(今回最大の感動)

ちょっとお腹空いて来たなというとき
長万部駅に到着
かにめし弁当が有名だったな、あんまりカニの味しないんだよな

そのとき車内放送が
「車掌です、本日は大雪のため列車が遅れ大変ご迷惑をおかけいたします
これより長万部名物のかにめし弁当とお茶の準備が整いましたら
お客様の元に車掌がお弁当お持ちしますので
ささやかではありますがどうぞ召し上がってください」

やったーお弁当の差し入れ
こんなときのお弁当は美味しいもんだね
よーく噛み締めると遠くにカニの味がした様な

はぐはぐ、お弁当食べてたらケイタイが鳴った

あ!エルパパさんだ
「おーいみいしゃ。どこにいるんだ個展にきたぞ」
「今ねーおしゃまんべにいるのー」
「????」
「北斗星に乗ってるの」
「???」
「北海道に向かって北斗星のって祖母のお葬式に行くんだよ〜」
「え?あ!そうなんだ、、、」


きっとびっくりしただろうね
なんだ?おしゃまんべ!って益子にそんな名前のレストランあったか?とかね


千歳について タクシーでセレモニーホールへ
到着して親族控え室に行くと

おくりびとの仕事をしている従兄弟のお嫁さん(納棺士)が
祖母のことを映画さながら「ゆかん」をしている最中だった

納棺の儀式を見たのは初めてだったけど
ほんとにほんとにすごく神聖な素晴らしいものだった
私のときもこれは絶対やって欲しいな

眠ってるうちに静かに息を引き取った祖母
老衰による自然死だった
お葬式は愛情溢れるとても良いお葬式でした

懐かしい親戚がみんな集まって同窓会の様だった


祖母はすごいなー
絶対祖母の采配だと思うことが今回はいくつもあった

亡くなったタイミングのおかげと言うのも変だけど

北斗星の大雪での遅れは私たち親子に穏やかな団らんをくれた
父は腰の手術したばかりだけど
付き添いが居ればなんとか、この旅にも行くことが出来た

もっと早い時期に祖母が逝ってたら
父は歩けなかったし
私は個展の作品制作中で参加出来なかった

祖母が亡くなる日
夜明け前 祖母は私の所に来たのね
ああ、おばあちゃん朝死ぬんだなと妙な確信を感じた

父の所には早朝4時20分に来たそうで
「母さんよそいきの和服着て横にスーツ姿の父さんがいた」

祖母は父の前に30代の頃の姿で現れた
「この着物派手かい?途中で着替えて来たんだけど」と照れていたそう

父は「かあさんもこんな綺麗な時代あったんだなあ」と考えながら
「かあさん今日の朝死ぬんだな」とわかったと言ってた


「納棺」をやってくれた従兄弟のお嫁さんは
実は祖母が亡くなる前日に
長野から赤ちゃん抱いて一人でお見舞いに来たのだった

祖母は従兄弟のお嫁さんに「おくりびと」をしてもらえた







a0059258_11162398.jpg

[PR]
by salukis | 2012-01-23 11:11 | みいしゃの井戸端

いいぞ!映画バーレスク

楽しかったー!
去年の秋映画紹介をみてから絶対見ようと思ってた

12月から公開だったのだけど
仕事忙しくて見に行けず

早く行かなきゃ終わっちゃうよー!
こないだやっと行って来た

何がいいって主演のクリスティーナアレギラの圧倒的な歌唱力!!
(アレギラは実際にアメリカの実力派人気歌手)
サクセスストーリーですよ

田舎から歌手になる事を夢見てロスへやってきた主人公アリ
オーディション落ちまくり(ここまではありがち!ここからが、、、)

そんなときにナイトクラブ「バーレスク」に足を踏み入れる
シエールが演じる女主人テス率いるダンサー達の繰り広げる
圧倒的なパーフォーマンスに惹き込まれたアリは、、、

テンポ良く爽やかな映画でした
アリの恋人役の人が優しそうなハンサムさんで
垂れ目が妙に魅力的

あんまりにアレギラの迫力な歌声と
シエールの大人で染みる様な歌声にやられた私はサントラ版購入

あーでも映画館で見た方が5倍良かったーーー
音のスケール感や臨場感は映画館えらい

あんなすごい声だすのにアレギラは小柄で華奢
シエールの退廃的でモダンな容姿がくせになる

後半、、、女主人テスが疲れきって帰ろうとした時に
スタッフに「明日のリハーサルどうします?」と声をかけられる
彼女は「歌うわ」と

その曲が染みて染みて
映画館でだーだー涙した私です(いい詩なんです)

乗り越えねばならない事を目の前にして
折り合いの付けどころをさまよってる自分と重なっちゃってさー

見たあと元気になれます

バーレスクオフィシャルサイト
[PR]
by salukis | 2011-01-08 11:33 | みいしゃの井戸端

ヌーボー飲み比べ

解禁日前日届いて
0時に解禁なんだけど ね

すみません4時間前に飲んじゃった
5本購入して
内4本それぞれをちょっとずつ飲み比べ
面白かったしどれも美味しかった

ワインに合うつまみもちょこちょこと
いっぱい用意♪

旨いつまみが無いと
お酒飲めないのであった


ドメーヌ.マリー.オデット ボージョレーヴィラージュヌーボー ル.ペレオン

なんとワインのビンのふりしてペットボトルにスクリューキャップ
見た目分からない
そのおかげで輸送費を押さえられ美味しいのに安価

4本の中で一番記憶に残る味だったよー
甘くないキャンベルをプチュってお口に放り込んだ様なお味
香りも派手で華やかで
可愛らしくてキュートなお味なのに大人な辛口



サシャーヌ ボージョレーヴィラージュヌーボー

作り手のサシャーヌさんは「手をかけて育てたぶどうの持ち味を
そのままワインに残したい」と有機栽培のぶどうを使い
ぶどうの澱を取り除いていないのだそう

すっきりさっぱりな味だったよ
和食や鍋でも行けそうな感じ
ヌーボーってジュースっぽいけど、これはそんなことないです



フィリップ パカレ ボジョレーヴァンドプリムール

自然派ワイン界のカリスマだそうです(私は無知なので知らんかったです)
酸化防止剤不使用
ぶどうの重みで自然に搾られたエキスのみワインにしてるそうです

色が深くて綺麗 とろんとグラスにワインの後が
最初飲んだとき「あ、美味しい」と単純に思って
その次に余韻があるのでちょっと驚いたです

安い順に飲み比べてるのですが
ここからビシッと線引きがくっきり

ダンナ「やっぱり値段は正直だな、」としみじみ



ジュイヤール ボジョレージュヌーボー キュベ ルシャピートル

フランス国内にも出回らない地元ボジョレー村でも飲む事が出来ないという珍品
サンタムール村の最上級の畑で樹齢60年の古木のぶどうを選別して収穫
ジュイヤールおじさんが自分で瓶詰めもしてるんだとか

やっぱし 又一ランク上でうまかった
でもグラスに一杯ずつ飲んでたので
どんな風にうまかったか だんだん記憶があやふや



もう1本大切に飲まずに取ってあるんだけど
ボジョレーヴィラージュヌーボー ルポンデユ ディアーブル
2010ヴィニフィレ ジュンコ アライ

作り手がなんと日本人の荒井順子さんと言う方
フランスロワール地方で「ボワルカ」の名前でワイン造ってるそうです
ワインファンの間では有名だそうですよ(まさか私が知る訳は無い)


というわけで
なんか面白い曰くのワインばかり飲んでみました

ヌーボーってジュースっぽいイメージがあったけど
どれもワインとしてとても美味しかった


http://www.deuxhwine.com/
ここの酒屋さん
熱意があって色んなワインをそろえていて面白いですよ
今お気に入り
[PR]
by salukis | 2010-11-20 08:56 | みいしゃの井戸端

こーひーやさん

陶器市ダンナは、私のテントにて 
せっせと地味に「こーひー」を淹れてます
以前は私のお手伝いがメインでしたが

今は「こーひーやさん」ラブで、がんばってます(良かった良かった)
このおかげで私への理解も一段とアップ

毎日来てくれる常連さんも沢山出来て
1日3回も来て下さるかたも きっとどこかで出展してる人なのかなあ

「あーあった!あった!!
ここのコーヒー飲みながら陶器市見て歩くの最近の恒例なの」と
年配のご夫人3人
「去年もここだったわよねえ」
「えーそっちの隅にあったわよー」と場所の記憶でもめてます

「あのお〜去年はそっちの隅でした」と私
「ほーーらっやっぱり」とご夫人

「私たちこの広場には必ずいるんですが、
 テントの位置だけ毎回くじ引きなんですよ
  秋の陶器市も必ずいるので探して下さいね」

こんなやりとりも最近多くなりました
おかげでだんなは、やりがい感じて非常にご機嫌でがんばってますよ

初めてのお客様が
いざ一口飲むと、美味しいと言って下さるのも励みになってます

濃い「こーひー」なので ごくたまにお湯下さいと言われてしまいます
アメリカン好きなお客様ごめんなさい
次回は「深入り豆」と書いておきますね

ずっと続けるので 陶器市に来た際はぜひ「こーひーやさん」も宜しくお願いします
[PR]
by salukis | 2010-05-12 12:01 | みいしゃの井戸端

役に立たない能力


 夜中に 突然 心臓の鼓動が早鐘のようにドキドキして
 パチッと 目が覚めるときがある
 神経が異常に緊張して 全身「耳」になってる

 「来るぞ来るぞ 大きいのか小さいのか」

 しばらくすると 遠い闇の向こうから 地鳴りが押し寄せてくるのです 
 5分以内に地震がきます

 大き目の地震が来る気配の時は
 ダンナをたたきおこします

 「地震!地震だってば!!地震が来るよ」
 寝ぼけながら起きるダンナ

 「起きてよ 今来るから」
 そして地震がやってくる

 ダンナはなぜか毎回「ほんとだあ、すごいねー」と呑気につぶやいたあと
 パタンと寝てしまう

 こんな私をダンナは「原始人」と呼びます
 
 自分でも原始人だと思うよー
 だって足の指も自由自在にうごくの サルっぽいの

 
 テレビで地震が来る5分前に予報がだせると言うシステムやってた
 「なんだ5分前じゃ 私と変わらんな」と思った

 地震時の電磁波を計測することで探知するらしい
 夜中は静かなので 私も電磁波を感じるのかもねー

 高圧電線の鉄塔がいっぱい建ってる所を通ると
 脳みそのしわが「ジワジワ ワジワジ」するオンナですから

 脳みそかゆくなるので鉄塔大嫌いです

 
[PR]
by salukis | 2006-07-31 16:50 | みいしゃの井戸端

オケラ♪


 湯ノ湖のまわりを散歩中 モグラを発見

 以前「切り込み湖刈り込み湖」にハイキング行った時も
 登山道で死んだモグラを見たのね

 今度のは生きてたの!!闇雲に前足クロールさせてパニックしてるよ
 そっとヤブの中に放すと穴を掘って消えた

 ロシアンブルーのビロードのような毛並み
 この辺のモグラは太ったハムスターくらいのサイズ

 感動したよ~可愛いかったし
 さわっちゃったもんね

 この前は湯元で青大将発見
 お互い目があったの

 私ニマア~と微笑んだらヘビが「キャア~」って逃げたのね
 チャンス!!と思って逃げるヘビのしっぽをさわっちゃった

 虫は苦手だけど 動物は何でも好きだし触ってみたい

 あっでも すごく好きな虫がいる
 オケラ♪
 可愛いんだよ ごくたまに夏の網戸にくっついてる

 雑誌でオケラを触ってる人みたからね
 それまでは触りたいけど噛まれたらやだしなあって

 今度あったら触ろうと思ってる

 

 

 
 
[PR]
by salukis | 2006-07-04 11:32 | みいしゃの井戸端

 パキスタンカレー

 そこのお宅で 味付けはイロイロだそうで 日本も一緒だよね
 私 教えてくれた方の名前 おぼえられず ここでは先生とお呼びします

 パキスタンのおうちにいるとき食事は20人前位用意するそうで
 勝手に近所の人が食べに来るそう 

 お嫁に行ったばかりの先生は最初 
 だれがここの家の人か良く分からなかったとか

 
 

 パキスタンカレーレシピ
 (作っている様子はHPサルーキ!セター!イヌ絵日記の5月16.17日へ)

 
 材料  鳥1羽(皮をはいで大きめに解体)
      玉ねぎ5個(みじんぎり)
      完熟トマト(皮を剥いてみじん切り)
      
      にんにく3粒(スライス)
      しょうがひとかけ(千切り)
      ししとう4本(輪切り)

      ヨーグルト200g

 香辛料 ①クミン小さじ1杯と半分 桂皮小2本 バリライチ2粒 クローブ7ケ
     
       ②ターメリック小さじ半分 コリアンダの粉小さじ1杯と半分 
        チリパウダーお好み 塩小さじ2杯と半分        
       
       ③メッテイ大さじ0.75  ガラムマサラ小さじ半分 

       (香辛料は小皿に①②③別に分量に分けしておくと楽です)



 さあがんばっていきましょう!なんだかんだで2時間はかかりますよ~♪



 ☆これからカレールウを作りますよ


 玉ねぎをお玉2杯の油であめ色になるまで炒めます(根性!)40分くらいかかる
 あめ色になったら しょうが にんにく ししとういれて いためる


 香辛料①を入れて10分いためる

 10分後 香辛料②を入れ トマト ヨーグルトを投入して
※ペースト状になるまで水分をとばす(根性!)焦がさないようにね


 水分がなくなってルウが 完成したら 鶏肉を投入して15分いためる


 15分後水750㏄を加え中火で煮込む 沸騰したら弱火で煮込む
 仕上げに③を入れて出来上がり



 付け合せのヨーグルトサラダのレシピ(簡単)

 玉ねぎ一個 スライスし塩でもむ
 キュウリ2本 ところどころ皮を剥いて角切り
 トマト1個  皮を剥いて角切り

 クミン小さじ1杯
 チリパウダー少々
 塩少々

 ブルガリアヨーグルト 500グラム
 水250㏄

 上記をまぜるだけ よく冷えていたほうが美味しいよ
[PR]
by salukis | 2006-05-17 13:11 | みいしゃの井戸端

ロクロ

 
 声響くからね ちいさい声でね
 ダンナ頷く

 あそこ、まわりをキョロキョロしてる女の子いるでしょ
 あのコ 初めて
 で、いきなり集中してるその隣の女の子 何度か経験してる

 あっ あっちにいる年配の女性は全くの初めて
 かたまり撫ぜてるだけで 目付きが挙動不審

 
 ダンナ「なるほど」
 私達は笠間工芸の丘 ロクロ1日体験教室を見学してるの

 吹き抜けの2階は見学用通路になってる
 最近陶芸に興味を持ち出したダンナのためここにきた

 1日体験の様子はとっても楽しいの

 インストラクターがスルスルといとも簡単にロクロをひく
 体験者で初めての人は 粘土がソフトクリームのように柔らかいと勘違いする

 いざ 自分でやってみると 以外に粘土がたくましい事に気付く
 で困って 回る粘土をずーっと撫ぜてるだけになって
 インストラクターはどこ?と迷子になるの

 気持ちがわかるから 見てて楽しくて

 ダンナは見学した事で俄然興味が湧いたらしく
 「オレもやってみたいな」と静かに言った

 次の週 
 人気のロクロ1日体験 席確保のため朝一で笠間工芸の丘へ
 
 私ダンナの見学

 インストラクターの説明後
 いよいよダンナ初めてのロクロ挑戦

 一緒に笑おうと思ったら
 ダンナ初心者と思えない バランスの良さ

 なんだ 初心者でそんなにセンスいい人初めて見た

 インストラクターのおねいさんたちに「何度か経験あるんですか?」ときかれて
 ダンナ「初めて」と答える

 「何か物作りしてる方ですか?」
 ダンナ「いいえ」

 「えー上手です!ロクロ似合いますねえ」
 ダンナ嬉しそう 
 なにせ若いお嬢さん達がインストラクターなので喜びもひとしお

 「ロクロって似合ったり似合わなかったりするのか?」と聞くので
 見た目 陶芸家に見えるって言ってたよと教えてあげた

 ロクロ向いてるねえ

 車やバイク、乗り物大好きなダンナ
 「ロクロはアクセル付いてるから調子いいぞ」

 以前陶芸の窯を購入した時
 そこの社長に「あんたは【土の人】だから土に触ってないと病気になるぞ
 陶芸家になりなさい」といわれた

 そのとき「あんたのダンナも【土の人】だね、あんたより いいもの作るよ
 でも今やらせちゃダメだ、会社やめちゃうからな
 ダンナの会社はいい会社だから やめちゃいかん
 オレは長い事窯つくってきて そういうのがひと目で解る様になった」

 ロクロ体験終わったあとのダンナの目が喜びでキラキラしてる
 よっぽど楽しかったんだな

 何年も前の陶芸窯の社長の言葉がよぎった
 ダンナいいもの作るのかな 楽しみだな

 しばらく私は諸事情で陶芸から離れていた
 再開しようかなと 重い腰上げたら
 ダンナが興味を持ち出した

 ダンナどうやら好きみたいだ 良かったあ

 やってみたら嫌いだったという友人もいたので心配だった
 友人は「人生暗くなるほど嫌いだった」そうで

 

HPサルーキ!セター!イヌ絵日記
 
 
[PR]
by salukis | 2006-01-25 11:01 | みいしゃの井戸端

ワイン美味しいね


 去年 あるワインを飲んで仰天しちゃったの
 普段飲んでたテーブルワインとのあまりの違いに

 勢いで購入した高価なワイン

 そのワインの保存用にダンナとうとう ワインセラー購入
 6本用のセラーを2台
 
 どんな風に違ったかと言うと
 普段飲みのワインはゴクンって飲んで「うま~いっ」それで終わり

 しかし そいつはグラスから香りが立ち上り
 口に含むと 単純に「うまいっ」と感激

 そしてゴクンって飲み込んだ瞬間に あとからあとから色んな味がするの
 幸せな余韻が5分くらい続くの

 いあわせたメンバー全員で絶句

 「なんだろなんだろ?ずっと口の中が幸せ!」
 「この余韻が消えるまで次の一口に行けないね すごいね」

 「あ~~~ワインに癒されたのはじめてかも」
 「ほんのちょっと口に含んだだけで 余韻が続くぞ、もったいないから
 さっきからちょっとづつ飲んでる」

 私達ワインの収集の趣味はない
 マニアでもない

 それでも少し知っておこうと本を何冊か読んだ

 結論出すの早かったよ

 私達って
 今晩美味しいワインを飲みたいと思うだけの酒飲みでした

 本に書いてあるのは 収集家やマニア向けだなと

 そういう勉強するより
 ワインカーブ持ってる熱心で気が合う酒屋を見つけようって思った
 知識は専門家に任せよう

 何件か足を運んでみた
 お客に向かって自分の専門知識ズラーッと並べる熱心な若い店主
 
 いや うちらの場合は あなたの中で知識を持っててくれればいいの
 すごく情熱に燃えてるのは感じるよ

 それよりも 私達の好みを育ててくれて 知ってもらいたいの

 それでね 「みいしゃさん アレが好きだからコレも きっと好きですよ」とか
 「たまには コンナ変わったタイプも面白いので飲んでみませんか?」
 「正月なんだから たまにバーンとこの辺も」って感じで勧められたいの

 大好きな日本酒専門店のおじさんが そういうおじさんだったの
 「こーれは うんまいから絶対飲んでみなあ」って
 おじさんみずから 全国の蔵元行って仕入れてくるんだよ
 
 「これは佐渡の北雪!ひとくち目はふわって花のようで大吟醸かとおもうけど
 後口は男らしいきりっとした味だ。うんまいぞお」

 ある日お店なくなっちゃったけど 
 おじさん オハラショウスケさんになっちゃったのかな
[PR]
by salukis | 2006-01-16 09:44 | みいしゃの井戸端